kawaときどきバター ver3.0

某埼玉県立U高校生のネタブログ。アナログでかじる程度に絵描いてます。
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ ニンニンクアブラヤサイマシマシカラメカタメブタダブル ]
2013-09-26(Thu) 23:09:00
初めて二郎に行きました。

今回はその苦難の20分のレポートをお送りしたいと思います。


最早この手の記事は腐るほどに転がっているのだろうが、だからこそ書かねばならない。それは他でもない、自己満足のためである。








今回お邪魔したのは「ラーメン二郎 大宮店」

率いる我らが軍の陣営は

・俺(二郎処女)
・ゴリ(二郎処女)
・H(二郎ガバガバ)

の三人の少数精鋭だ。








まずは平日の夜8時のラーメン屋に不釣り合いな行列に並ぶ。ここで二郎ガバガバのHに様々なルールを聞いたが、聞けば聞くほど飲食店とは思えなくなってくる。


戦慄する処女達に追い討ちをかけるように香ばしい匂いと店内の沈黙が襲いかかる。







感じたのは恐怖。




最早この時点で二郎との食うか食われるかの戦いは始まっているのだ。

しかしここで引けば男が廃る。背中の傷はなんとかのあれだ。



運良くガバガバの隣に座れたがどうも談笑ができる空気ではない。
食事は楽しいものと誰が決めたのだろうか。

これは二郎との食うか食われるかの戦いなのだ。








「トッピングは?」



(野菜マシならしてもいいかな…いや、初めてだし様子見にしとくか。)
「野菜ニンニクカラメ油で」






すぐに自分の愚かさを思い知る。

ガバガバ曰く俺の頼んだ「ラーメン」は本当の二郎ではなく、食べやすいよう改良されたものらしいが、知るか。

野菜マシにしようとか考えた自分を叱りたい。





俺の前にそびえ立った「それ」はラーメンと呼ぶにはあまりにもでかすぎた。


写真はない。それはなぜか。









写真を撮るような空気ではなかったからである。






店主が、周りの空気が、ガバガバが俺に食えと語りかける。

普通はもやしと肉を食らうらしいが麺を伸ばしたく無かったのでまずは麺から攻略。








(か、硬い…!!
ラーメンというより、例えるならば「のどごしの悪いうどん」…!!)


5分後


(天辺のもやしの標高がまるで変わっていない…!!そして味をあまり感じないほどの圧倒的油、圧倒的ニンニク……!!!)
ざわ…ざわ…






10分もたった辺りで
麺を口に運び、
水をのみ、
咀嚼、
虚空を見つめる。
そのルーティーンを繰り返す機械となった私は悟った。





「カロリーの摂取」




これは私の知ってる食事ではなかった。









「あ、キャベツなんか入ってたんだ。」

「肉厚いなー」

「俺今なにしてんだろう」

他愛もないことを考えながら15分。



ここで万を辞して






烏龍茶先輩(120円)の登場である。










そこからは早かった。


途中周りのマシマシコールにびびりながらも、一度減り始めた標高はみるみるうちに下がっていく。


まるで人生のようだ。私の地道な努力は無駄ではなかったのだ。


全ての食材を駆逐しテーブルを拭き(二郎マナー)、力の限りの「ごちそうさまでした」を言って席をたつ。


ちなみに二郎ではレンゲはついてこない。


「飲むな危険」ということである。





食事を終えた満腹感よりも、我々の中で一致した感想は、「達成感」だった。

完食を果たした我々の中にはいつの間にか連帯感が生まれていた。


二郎でしか味わえない満足感がそこにはあったのだ。二度とごめんだが。







最後に、今までネタだと思っていたが、ここまでラーメン二郎を的確に表した言葉は無い。と改めて感動した偉人のセリフを記して終わりにさせていただく。









「あれは最早ラーメンではない、二郎だ。」
スポンサーサイト
リアルネタTB : 0CM : 2
  [ ペルソナのおみくじで絆深まるシステムって ]
2013-01-10(Thu) 02:17:25
羨ましい






あけましておめでとうございます。
これからも細々シコシコやっていきますのでヨロシコ


大晦日元旦間の深夜0時~3時、そして10時~11時ごろに、
中学の奴らと鷲宮神社に初詣に行った。

今年の鷲宮神社参拝、記念すべき1回目である。
この記事を書いてる時点ではなんやかんやで既に4回行った。

神社内にはやらピンクの髪の男がいっぱいいたりその人たちと
写真一緒に撮ったりした話はめんどくさいから想像にお任せします。




で、そん時にみんなで恋みくじに挑戦した。


女子と満足に会話もままならい俺が行き着く先は神頼み。

「神様に何お願いしたの~?」
「えへへ内緒~♪」(彼女彼女彼女彼女kanzyokry)

も-目も当てられない。



そんで出たのは






「末吉」



「今あなたの憧れているものは高嶺の花です。




諦めなさい。」



諦めなさい。


諦めなさい。






img017.jpg




目も当てられない。




ただ一つ言えるのは何もしてもいないのに決め付けるのは
愚かってやつだぜ神、oh yeah
男なら無駄と分かっててもぶつからなくちゃいけない時が





・・・あったなぁ


てかまぁあるんだ。うん。チェケラ
コイツも言ってるhey com'ing up





gamen ikebawakru



今あなたは私の言葉に熱いパッションを感じているでしょう。

そう、それがメンタリズムです。


というわけで。

新年早々男らしく行動に移しました。

諦めない男俺!!

I am a neverギブアッパー!!







aigisu.jpg

aigisu2.jpg







高嶺の花、予約完了であります。




ペルソナTB : 0CM : 3
  [ 前後左右京都包囲網 ]
2012-12-03(Mon) 00:22:18
ー俺たちは試されているんだ・・・京都というこの地で・・・!






先々週ぐらいか。修学旅行で京都ら辺のとこをうろついてきたのでレポを書く事にする。

需要があるかと言われたら無いが
そもそもこのブログ自体に需要がない時点でその質問、







1325202849.jpg


風景写真はあんま載せないよ。
そういうの見たいならggr



ていうかレポ書くのが2週間後て






<一日目>

寒空の下、まるで弟のお遊戯会の席取り(幼稚園児のパパさん達はマジキチ)に行くかのような足取りで出発。
あれは意外に楽しいんだ。かわいい幼稚園の先生からお茶の差し入れがもらえる。


しかし電車に乗って早くも不足な事態が・・・!

椅子が空いていない・・・!!

20040310012158.jpg





東京に着いたら着いたで早くも

「おい天井見てみろよ!!西洋かぶれだ!!」

「ビル・・・だと・・・!?」

「待ってカメラで撮るからちょっと待ってって!!すぐ終わるから!!」



最早田舎者をステータスに仕上げてやった。


DSCN1486.jpg


東京駅では共学にガンを飛ばしたり女子高に手振ったりしながら
新幹線に乗車。


そして



みんなでマリカDSやってたら京都着いた。




dsc_0185.jpg


よっしゃ!!!!!!


まずは班行動だが、行く場所は俺が駄々をこね机に頭をねじ込んでまで
行き先に加えてもらった・・・


鴨川デルタきたぁぁぁぁぁぁ!!!


DSCN1501.jpg


20100502172416.jpg

DSCN1498.jpg

DSCN1508.jpg


DSCN1516.jpg

↑コンパ会場から潜む我等を見た図!!!

imagesCADPLM4H.jpg


皆さん知っての通り四畳半神話大系の聖地である!!!

これには興奮せざるを得ない。


その興奮っぷりは、「デルタを見た瞬間走り出した私」を見た班員が後日、

『別の場所でこんなキレイなデルタあったよ^^』

と私をただデルタが好きな人と勘違いして写真を見せてくるぐらいである。わざわざ写真を撮ってきてくれたことには底なしの感謝を捧げるが、断じてそんな性癖は持ってない。


このアニメは今でも私の中で殿堂入りを果たした唯一のアニメだ。
その凄さは、私が学力関係なしに京大を目指したくなるほど、と言えば分かってもらえるだろうか。
端から見ればアホ丸出しだろう。


語ると長くなりそうなのでデルタを後にする。
班員との温度差が心に染みたのはまた別の話。


DSCN1510.jpg



その日の後は下鴨神社で「君が代」のさざれ石を拝見し、
ハイカラうどん(てんかすの入ってる料理のことを関西でははいから○○という)を食べ、
清水に行き、
八ツ橋を腹いっぱい食べ、
修学旅行初日にして八ツ橋を買うというミスを犯し、(ヒント、賞味期限)
旅館へ向かうという月並みな旅路を送った。

DSCN1525.jpg

DSCN1530.jpg



夜はクラスメイトと街に繰り出し、真っ暗な御所で
ポーン、ポーン

とやたら音の鳴るトイレを散々怖がった挙句、道に迷った。


DSCN1572.jpg









<2日目>


友人とマックでジャンプとサンデー買って時間潰したり、
扇子とか和傘作ったりした。

言わせてもらうと、和傘作りを侮るなかれ。

DVC00075.jpg


ミニサイズである。

「和傘作り」という甘い言葉に騙された者、約15名。
このコースは人生そう上手い話ばかりではないことを教えてくれたのだ。





そしてこの日一番の盛り上がりは

京都の


とらのあなに行き


ペルソナくじをやり


なんと





DVC00074.jpg

A賞が当たったことであるrrrrrrrrrr




nanimoiene.jpg


なんとかバッグには入った。

鴨川デルタは見たし、くじはあたるし、もう修学旅行に一片の悔いなし



DSCN1580.jpg

カップルいたから撮った。むしゃくしゃしてやった。誰でも良かった。





<三日目>

初の大阪の地に降り立ったねん!!

まずは大阪城いくやろ??


DSCN1599.jpg


それがな、びっくりやねん!大阪城入ったらな、

エ↑レ↓ベー↑ター↓ついとんねん!!階段に案内書いてあんねん!!

わてらが武士やったら大阪城陥落しとるわボケ!!

びっくりして北条氏直を「ほうじょうし、なお」て読んだわ!!
アホちゃうか!!

外観は立派やったけどな。

DSCN1612.jpg
「BLEACHの扉絵でキャラが座ってそうな岩」


そんで次はグリコや。
あれ見ないと帰れへん。

昼ご飯はなか卯で済ませた


グリコの横の電光掲示板はなんややたらエロかったわ。
あれ見てないとか損やで。

そんでその一日は終わるんやけど、一つ。


通天閣はやめときぃ。ビリケン様金のことしか考えてへん・・・!!

e0276842_23302928.jpg
「ビリっと元気~!?びりけ~ん!!」

imagesCACD295A.jpg
「(絶句)」


DSCN1533.jpg
「GANTZっぽい地下鉄」


夜の清水は雨でしたくそが。




そして深夜、恒例のKOIBANAをしていた時のこと・・・

A「それでさーそこでさー」

(耳ほじりながら)、B、C「ふむふむ」

A「空気良くなってきたから胸揉んだわけよ、そしたr」
B「うわぁぁぁぁぁぁなぜ揉む!!!!!!!」

Bは枕を投げた!!








「どぅわぁぁぁぁぁぁぁ」










<4日目>


右耳が聞こえない。血だらけだが痛みはない。
しかし修学旅行を最後まで満喫するためには保健の先生に言うのは自殺行為だ。

>そっとしておこう。



4日目はバスに乗った。

バスガイドさんが絶世のプリティー系美女だったので
一緒に写真を一緒に撮ってもらった。その写真は今では立派な家宝だ。


クラスの集合写真も撮った。
みんな正面を向いてるのになぜか俺だけ
体は斜め、顔は上目遣いというジャンプの主人公ばりのキメ顔である。やった覚えはないぞ…!!

後は川下ったりパフェ食ったりクラスメイト撮るふりして背後のJK撮ったりした。

DSCN1692.jpg
「大自然」

DSCN1681.jpg
「なにがあった」


京都タワーはビルから生えてた。


帰りの新幹線ではマリオカートDSやってた。



そんな感じで、俺の修学旅行は幕を閉じ、
帰宅後すぐに耳鼻科へと物語は続くのであった。


めでたしめでたし!
京都・奈良リアルネタTB : 0CM : 6
  [ 高二病 ]
2012-11-30(Fri) 02:37:36
俺はクロスマネジを推す。

あの豊口の笑顔は反則である。最早凶器だ。
あれで何人の男がやられたか見当もつかない。

関もいいキャラしてる。主人公のこと本当に思ってやってる。

なぜか不思議なことに学校では人気のないクロマネだけど、
ドベから抜け出すことを信じて止まない。

あと、中学の頃の自分の書いた記事見るとか自殺行為だから止めといたほうがいいよ。

週刊少年ジャンプ感想ジャンプ系TB : 0CM : 0
  [ 【50km】古河マラ【厨二病】 ]
2012-11-05(Mon) 10:06:34
去年の古河マラはスタート時の四人が利根川で一堂に会す・・・
いや、この場合は一道に会するとでも言うべきか。

そして四人でゴールという劇的なゴールを飾ったわけだが、
今年の古河マラはただひたすら個人的なドラマを作り出してしまったのであった。



まず44km地点で両腿つる。

一緒に走ってた奴には置いてかれたけど運良くイノケンというイケメンに遭遇。一緒に歩く(走れない)。

体調は下痢でしかも走った瞬間両足つるぐらいのbadコンディション。

残り6kmで残り時間60分。歩いていてはギリギリつかない。
これはイノケンに悪い。先に行ってていいと言うが「俺ももう走れないからさ(笑)」
惚れた。

そんで残り15分。これはこのまま歩いていては本当に延着なので走り出したら俺案の定つる。イノケンには先に行ってもらった。


歩き続け残り時間5分、現在地土手終盤のゴールまで残り1km。やばい。

本当に延着でいいのか俺?

示しつかねぇだろ!!

「力をくれ!!エアーサロンパス!!」

カポッ、プシュウゥゥゥ
プシュウゥゥゥ

行くぞ!!

うぉぉぉぉ

(腹痛も許容できる範囲だしなにより足が動く…!!ありがとうサロンパ…)

な、なに!?こいつ空になってやがる!!

畜生…お前の命無駄にはしないぞ!!

サロンパァァァァ










→2時39分50秒到着722位

今年は散々だった



1879070610_219.jpg


梨10切れもらったり、みかんバナナ食いまくったり、関門ごとにコップ一気4杯はしたり
バカだった

敗因:飲みすぎ食べ過ぎ
高校生活リアルネタTB : 0CM : 4

copyright © 2017 kawaときどきバター ver3.0. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。